インプラントのリスク

インプラントのリスクについて

治療をする前に、まずはインプラントのリスクについて知りましょう

インプラント治療の特徴は、入れ歯やブリッジにはない快適な使い心地にあるので、多くの方にご満足いただいている治療方法です。しかしながら、外科手術を伴うインプラント治療に、なんらかのトラブルが発生する可能性がないとは言いきれません。当医院では「インプラントのリスク」について患者さまに正しい知識を身につけていただけるよう、丁寧にご説明いたしております。
まず手術時のリスクとしては、神経麻痺や血管の損傷などが挙げられます。また、手術中の衛生状態が不十分で細菌感染してしまうといったことも考えられます。それらは基本的に歯科医師の診断力と治療技術、歯科医院の安全管理などに左右されます。

インプラントのリスクについて

当医院では、常に安心・安全な治療体制を確保しています

当医院では、精密検査 綿密な治療計画を十分に行なうことで、ありとあらゆる可能性を考えながら、慎重に手術前の診断を行なっております。そして、医療器具の滅菌など衛生面にも配慮し、常にご安心いただける治療体制を整え、なんらかのトラブルを未然に防止できるよう努めています。患者さまとのコミュニケーションも大切にしながら、みなさまに信頼されるインプラント治療をご提供しております。

歯科用CTの活用

手術時の安全性を高めるには歯科用CTが欠かせません。患者さまの顎の骨の量や質を確認するだけでなく、インプラントを埋め入れる場所に隣接する神経や血管の場所を立体的な画像を通じて把握することができます。患者さまにとっても見やすい鮮明な画像ですので、説明時に活用し、理解を深めていただいております。

EO水の使用

EO水とは「電解酸性機能水」のことをいい、水に食塩を加え、特殊な機械を使って電気分解を行なった水のことです。
感染症の原因となる病原菌・ウィルスを殺菌する作用があります。薬品とは異なり、人体に無害ですので安全です。当医院ではこのEO水を治療時に使用し、院内感染の予防に努めております。

治療後のトラブル

何か異変があれば、すぐにご連絡ください

治療後のトラブルとしては、インプラント周囲炎などが挙げられます。いずれにせよ早期に対処していくことが何よりも大切です。定期的な検診にお越しいただくほか、何か不具合、違和感が少しでもあれば迷わずご相談ください。

トラブルの内容

・歯肉が腫れて赤くなっている
・インプラント周囲炎になっており、インプラントが脱落した
・被せものがとれてしまった
・噛み合わせが悪くなった
・痛みや腫れ、しびれなどが続く

トラブルの原因

・定期検診を受けていない
・十分なセルフケアができていなかった
・生活習慣や持病により、口内環境が悪化した
・噛み合わせ不良
・歯科医師の技術不足

インプラント治療後は、患者さまの自己管理が非常に大切です

インプラント治療は、人工歯を被せた時点で完了といったわけではありません。患者さま自身が「健康な口内をキープする自己管理」をしていく必要があります。「歯のクリーニング」や「噛み合わせのチェック」を定期的に受ける、正しいセルフケアを毎日行なうなど、末永くインプラントを活用できるよう、日頃から注意していきましょう。

インプラントの不具合を感じたら…

定期的なメンテナンス以外でも、気になることがあればすぐにご連絡ください

手術後の歯肉の腫れや出血・痛みなどの症状は、一時的にあるかと思います。しかし、その症状が長期化したり悪化する場合は、インプラント周囲炎が起きている、インプラントと骨の結合が不十分など、さまざまな理由が考えられます。このような場合は精密検査を行ない、顎の骨の状態を確認するなどの必要があります。不具合を感じたら、まずはお早めにご来院ください。

インプラントの不具合を感じたら…
PAGE TOP