歯周病と全身の関係

歯周病と全身疾患について

歯周病は口内だけの問題ではなく、歯周病菌が血液を介して全身に影響を及ぼすことがわかっています。歯周病と関連があるといわれている症状には次のようなものがあります。

歯周病と全身疾患について

狭心症・心筋梗塞(虚血性心疾患)

歯周病の細菌や歯周炎の炎症物質が冠動脈に影響を与えることで、動脈硬化が進行し、狭心症・心筋梗塞を発症する可能性があります。歯周病が重度なほど、そのリスクも高くなります。

誤嚥性肺炎

加齢、病気、認知症などによって食べ物を飲み込む機能が衰えてしまうと、誤って唾液が気管に入ってしまいやすくなります。その唾液に含まれる歯周病菌などの細菌が、気管に入り込んで肺に炎症を引き起こすことがあります。

早期低体重児出産

歯周病の細菌や歯周炎の炎症物質が血液中に入り込んでしまうと、へその緒を通じて胎児に影響を及ぼし、子宮の収縮が起こります。その結果、早期の出産になってしまうことがあります。とくに妊娠中は、つわりによって食生活が不規則になったり、通常の口腔ケアが十分にできなくなるなど、歯周病にかかりやすいので注意が必要です。

糖尿病

血液中に糖分が溜まり、高血糖の状態が続く糖尿病。歯周病は特にこの糖尿病と密接な関係にあります。糖尿病にかかっている方は、免疫力が低下しているので細菌感染しやすく、歯周病の発症または進行しやすいことがわかっています。

女性と歯周病の関係

女性の方が歯周病にかかりやすい?

歯周病菌の中には、女性ホルモンをとくに好んで繁殖する菌が存在します

歯周病は、男性患者よりも女性患者の方が多いことをご存知でしょうか。その原因は、「女性ホルモン」の影響です。女性ホルモン(プロゲステロン、エストロゲン)の分泌が活発になると、歯周病菌が増殖し、炎症を起こしやすくなることで歯周病が悪化しやすくなります。

女性と歯周病の関係

女性が歯周病にかかりやすい時期

女性は月経、妊娠、出産、更年期(閉経)と、男性よりもホルモンの影響を大きく受けるために、生涯を通して歯周病にかかりやすい時期が3回あるといわれています。

思春期

女性ホルモンが増加する時期です。この影響で歯肉が敏感になり、歯肉の腫れ・赤みなどの歯肉炎が生じやすくなります。また、月経前などはホルモンバランスが大きく変わりますので、同様の症状が出る場合もあります。口臭などが気になるなど、少しでも口の中に違和感を覚えたら、ぜひご相談ください。

妊娠中

女性ホルモンの増加が著しい時期です。思春期と同様、歯肉炎が生じやすくなるだけでなく、つわりによって食生活が乱れたりするなど、口内環境が悪化しやすいので注意が必要です。歯のクリーニングを積極的に受け、出産前に健康な口内をつくりあげておくことをおすすめいたします。

更年期

閉経による卵巣機能の低下によって女性ホルモンの量が減少し、骨密度が低下します。すると、歯を支える顎の骨の減少、唾液の分泌低下によるドライマウスの発症、また、歯肉の炎症を引き起こす物質が増えていき、歯周病が進行しやすくなります。

ご自身の大切な歯を守るために

このように、女性は、生涯の中でホルモンバランスが大きく変化することから、口内の環境も常に変動します。まずは歯周病になりやすい時期を知るとともに、日頃からお口のお手入れを怠ることなく、定期的な検診・歯のクリーニングなどを受けることが大切です。

PAGE TOP