メンテナンス

メンテナンスの大切さ

インプラント治療は、その後のケアが重要です

とくに忘れてはならないのが、「インプラントは人工物である」ということ。インプラント自体が痛みや炎症を起こしたりすることはありませんが、不衛生な状態が続くと、インプラントの歯周病と言われる「インプラント周囲炎」にかかりやすくなります。インプラント治療後の口腔ケアとして、ご自身の正しいブラッシングだけでなく、歯のクリーニング・定期検診が必須となります。なるべく早い段階で対処することで、インプラント脱落などのトラブルを回避しやすくなります。万が一、歯肉から膿みが出るなどの症状がでたときは、すぐにご連絡ください。

インプラント周囲炎とは

天然歯に起こる歯周病と同様、インプラントを埋め入れた歯の周囲が細菌感染によって炎症を起こし、顎の骨を破壊してしまう病気です。自覚症状がありませんし、歯周病よりも早く進行してしまうことから、可能な限り予防することが何よりも大切です。万が一発症してしまった場合は、歯周ポケットに付着している汚れを徹底的に除去し、段階に合わせた治療を行なっていきます。

メンテナンス方法

これからもずっと健康な口内で毎日を過ごすために

口腔ケアには、歯科医院にて歯垢を除去する「オフィスケア」とご自身で行なう「ホームケア」があります。
いつまでも良好な口内を保つためには、両方のメンテナンスを継続していくことが大切です。以下に具体的なケアについてご説明します。

オフィスケア

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

PMTCとは、歯科医院で専門器具を用いて行なう歯のクリーニングのことです。フッ素入りペーストを使って、毎日のブラッシングでは除去できない歯の表面の汚れをきれいに落とし、汚れのつきにくい状態に仕上げます。あくまでも予防的な処置なので保険が適用されませんが、インプラント周囲炎予防に非常に効果的です。

PMTCのメリット

  • 虫歯・歯周病・インプラント周囲炎になりにくくなります。
  • 定期的に継続することで歯に汚れがつきにくくなります。
  • 歯列全体のくすみが取れ、歯が白くなります。
  • 口臭予防になります。
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

噛み合わせチェック

インプラントは、顎の骨と強固に結合しますので、大幅にずれが生じるといったことはありません。しかし、患者さま自身の噛み癖や、被せものをした歯が新たに増えたなどによって、歯の一部へ大きな力が加わり、噛み合わせのバランスが悪くなる場合があります。その結果、インプラントに余計な負担がかかってしまうことにもなりかねません。当医院では、定期検診の際に噛み合わせのチェックを行ない、問題があれば即座に対応できるよう努めております。

ホームケア

ブラッシング

ブラッシング

正しいブラッシングをしましょう、とよく言われていますが、具体的に「正しい」というのはどういうことか。それは、ご自身の歯並び・歯の傾きや隙間などの特徴を知り、より効果的な歯ブラシの当て方・磨き方を実践するということです。歯科衛生士が、一人ひとりに合った適切なブラッシング方法を指導させていただきます。

デンタルグッズの活用

デンタルグッズの活用

歯ブラシで丁寧に磨いても、歯と歯肉の間の汚れ、歯と歯の隙間などは歯ブラシが届きにくく、汚れの溜まりやすい場所になってしまいます。そこで、デンタルフロス(糸)や歯間ブラシなどを活用し、できる限り歯垢を除去していきましょう。また、口臭防止やお口の中を清潔に保つという意味で、デンタルリンス(洗口液)を活用するのもよいでしょう。

生活習慣の改善

患者さまの歯や歯肉の状態は生活習慣と密接な関わりを持っています。間食が多い方、喫煙される方、食事のタイミングが不規則な方などは、口内が不衛生になっている時間が多く、歯垢が溜まりやすい環境です。また、睡眠不足やストレスなどで免疫力が落ちている方にも同じことが言えます。当医院では、そういった患者さまの生活習慣を細かく伺い、改善策をご提案いたします。歯や歯肉への直接的な治療ではありませんので、患者さまの協力が何よりも大切です。

生活習慣の改善
PAGE TOP