当医院のインプラント治療

安心のインプラントメーカー

インプラントメーカーは多数あり、さまざまな症例に適した治療に対応できるよう研究が進められ、さまざまな長さ・幅・形のものが存在しています。その中でも、当医院では、インプラント治療に信頼性の高い「ITIインプラントシステム」を採用しています。

安心のインプラントメーカー

ITIインプラントとは

豊富な臨床データに基づいた、安心・安全なインプラントシステム、ITIインプラント

1974年に開発されて以来、世界40か国以上で採用。歴史が長くもっとも信頼されているインプラントシステムの一つです。最近では「ストローマンインプラント」という名称が浸透しておりますが、もともとの製品や開発環境などは同じです。日本においても、ITIインプラントは広く採用されており、国内最大シェアを占めています。

ITIインプラントシステムの特徴

  • 専門のトレーニングを受けた歯科医師のみ、取り扱うことができます。
  • 豊富な臨床実績をもとに製造・開発されており、さまざまな症例に対応できます。
  • インプラント体が比較的小さいので、日本人の顎により適応しやすいです。
  • 手術回数は基本的に1回。体への負担を軽減できます。

※インプラント治療は、骨結合後に再度歯肉を切開する手術方法もあります。
その場合、2回手術が必要です。

当医院では、このインプラントシステムを10年以上前から採用。年間で約150症例のインプラント治療を行なっております。安定した治療技術を備え、日々、歯科医師同士が切磋琢磨しながら「質の高いインプラント治療」に取り組んでいます。

CTによる正確な診断と治療計画

肉眼では見ることができない、顎の骨の様子、歯の周囲を通る神経の位置などを把握するためには、立体的な画像が撮影できる「歯科用CT」が非常に有効です。しかしながら、いまだすべての歯科医院に導入されているわけではありません。当医院では、この歯科用CTを導入しており、インプラント手術を行なうための正確な診断・細かな治療計画の立案に役立て、安全性を高めています。

CTによる正確な診断と治療計画

CT撮影によるメリット

  • 顎の骨の状況があらゆる角度から確認できるので、精密な治療が可能。
  • シミュレーションがしやすい。
  • フィルムに残すのではなく、データとして記録できるので経過観察がしやすい。
  • 鮮明な画像なので、患者さまも状況を理解しやすい。
  • 撮影時間が短く、X線照射量も少ないので体にやさしい。
  • 歯科医院内にあることで、迅速な撮影・閲覧ができる。

骨が少ないと言われた方へ

骨の量を増やす治療方法があります

骨の量を増やす治療方法があります

顎の骨は患者さまの状態によって、その質や量などが大きく異なります。とくに歯を失った状態が長く続いた場合、骨が痩せている方がほとんどです。インプラント治療では、ある程度の骨量がないとインプラントを安定的に使用していくことができません。そこで「骨造成(骨を増やしていく治療)」で補うことで、インプラント治療が可能となります。

治療方法によって期間が異なります

治療方法によって期間が異なります

骨造成は「インプラント治療前」に行なうものと、「インプラント治療と同時進行」で行なう2つの進め方があります。骨量を著しく失っている場合は、骨を増やす治療を先に行ないます。骨の成熟には4~8ヵ月かかるので、その分治療期間が長くなります。一方、同時進行の場合はインプラントを埋め入れることができる程度の骨がある場合に適用され、およそ3~6ヵ月で治療完了となります。

治療したい部位や本数、骨の状態によって治療方法を選択します

サイナスリフト

サイナスリフト

上の奥歯に適応。骨の厚みが5mm未満の場合

上顎の上部には「上顎洞(サイナス)」とよばれる空洞がありますが、歯を失うとこの空洞が拡大し、インプラントを埋入するために必要な骨量が足りなくなってしまいます。そこで、上顎洞の底を押し上げるように自家骨や骨補填材を入れ、インプラントが埋め入れできるように骨を補うのです。別名「上顎洞底拳上術」ともよばれています。骨の造成には6~12ヵ月かかります(個人差があります)。

ソケットリフト

サイナスリフト

上の奥歯に適応。骨の厚みが5mm以上ある場合

サイナスリフトと同様、上顎洞(サイナス)を利用して治療を行ないます。まず骨に穴をあけて器具を挿入し、上顎洞の底を持ち上げ、それによってできた空間に人工骨や骨補填材を押し込み、インプラントを入れられる程度に骨に厚みを作ります。サイナスリフトに比べ、比較的手術時間は短く、傷口も小さくて済みます。骨の厚みが5mm以上の場合に適応されます。

GBR(Guided Bone Regeneration)

GBR(Guided Bone Regeneration)

骨の再生を人工的に促進させる治療方法。顎の骨の高さが足りない場合

「骨再生誘導法」ともいいます。歯肉と骨の間に特殊な膜を張り、そこにできたスペースに骨が再生されるように誘導します。膜には吸収性のものと非吸収性のものがあり、非吸収性の膜は手術後4~6週で除去します。骨の再生を促す以外に骨補填材を入れることも可能であり、骨が足りない場合に多用される治療方法です。

他院で、骨が少なくインプラント治療を断られた方あきらめないでください。

当医院では、患者さまのご要望にできるだけお答えできる体制を整え、日々さまざまなケースのインプラント治療にあたっております。他院ではできないと言われた場合であっても、まずはご相談ください。当医院であれば、治療が可能な場合もあります。もちろん、骨を増やす、再生させるというのはそれなりに時間がかかります。しかし、「インプラント治療によって生まれる素敵な笑顔を、一つでも多く増やしていきたい」という思いから、当医院はこれからも誠心誠意、最善の治療をご提供し続けていきます。

料金表

インプラント(本体) 1本 ¥170,000~250,000
上部構造(被せ物)

アバットメント(土台)
セラミック (奥歯)1本 ¥140,000~
(前歯)1本 ¥160,000~
貴金属(プラチナ) 1本 ¥110,000~
パラジウム合金 1本 ¥90,000~
別途手術が必要な場合 GBR(骨造成術) ¥20,000~60,000
ソケットリフト(オステオトーム) ¥30,000~
サイナスリフト ¥50,000~

※金額はすべて税抜価格です

医療費控除について

本人や生活を共にする家族の医療費が年間で10万円を超えた場合、還付申請をすると所得税が還付されます。年収によっては年間10万円以下でも対象となり、また、扶養から外れている方でも医療費を合算して申告が可能です。

控除申請に必要なもの

  • 医療費領収書
  • 保険金が下りた場合は、その金額がわかるもの
  • 源泉徴収票
  • 印鑑
  • 金融機関の口座番号

控除額および還付金算出法

医療費総額- 保険金- 10万円もしくは所得の5%
(いずれか少ないほう)

医療費控除額(最高200万円)

医療費控除額(最高200万円)× 所得税率
還付金

医療費控除についての注意点

  • 控除の対象となる医療費には、インプラント・矯正・審美歯科といった自費診療の治療費のほか、医薬品の購入費・通院による交通費・入院費なども含まれます(歯ブラシ・洗口液などの衛生用品は控除対象外です)。これらの領収書は申告時に必要になりますので、大切に保管しておいてください。
  • 医療費をローンで支払う場合、確定申告時に申請できるのは、その年度内で払った費用に限ります。未払い分は、実際に支払った年での申請となります。
PAGE TOP