インプラント治療前に

インプラント治療の前の注意事項

インプラントは歯肉を切開する、人工歯根を埋め入れるなどの「外科手術」を行ないます。そのため事前に精密検査にて、インプラント治療が可能かどうかを詳しくお調べし、患者さまに適切な治療であるかを慎重に診断しております。以下の場合、インプラント治療ができない可能性があります。

インプラント治療前の注意事項

インプラント治療ができない可能性のあるケース

糖尿病や心臓病など全身疾患のある方

血糖値・血圧が自身でコントロールできず、常用している薬がある方はインプラント治療ができない場合があります。十分にカウンセリングを行なったうえ、精密検査の結果と合わせて判断させていただきます。

顎の成長途中の未成年の方

顎の骨に直接インプラントを埋め入れますので、顎の骨の成長が終わっていない18歳未満の方は、手術を行なうことができません。

喫煙されている方

タバコを吸っていると、手術後の治癒に影響を与えることがあります。インプラント治療を受けるにあたっては、なるべく禁煙していただくことをお願いしています。また、治療後も禁煙を継続することで、インプラント周囲炎などのトラブルへのリスクが軽減できます。

噛み合わせが悪い方

噛み合わせが悪いと一部分の歯に負担がかかりやすく、お口全体に影響が及びます。そのままインプラントを埋め入れるとさらにバランスが悪くなったりする場合がありますので、歯並び・噛み合わせによってはすぐにインプラント治療ができない場合があります。

骨粗しょう症の方

インプラント治療を行なうには、顎の骨の量や質などがとても大切です。骨粗しょう症の方は、骨の密度が薄い、量が足りないなど、インプラントを埋め入れることができない可能性があります。また、骨を強くする作用のある骨粗しょう症の治療薬を使用している方は副作用がでることがあるので、インプラント治療は行えません。

ご高齢で体力的に問題のある方

インプラントの必要本数、骨造成治療の必要性などによってインプラント治療に対する身体への負担は、それぞれ異なりますが、基本的に出血を伴う「外科手術」が必要なうえ、長期にわたる治療となります。ご高齢であったり、体力的に問題のある方には、インプラント治療を避けた方がよい場合があります。

妊娠中の方

インプラント治療は外科手術、抗生物質・痛み止めの服用など、体への負担がかかります。妊娠中は胎児に悪影響を及ぼす可能性がありますので、インプラント治療は行えません。また出産後は、授乳期を終えてからなど、治療開始時期についてまずはご相談されるとよいでしょう。

なんらかの解決策が見つかるかもしれません。当医院にまずはご相談を

インプラントは長期的な治療です。患者さまの「現状のお口の状態」だけですべてを判断するのではなく、将来を見据えた治療方法・プランをご提案させていただきます。上記の問題があった場合でも、または他院でインプラントは無理と言われた方も、お気軽にご相談ください。

インプラントのメリット・デメリット

天然歯と同様の美しさと機能性を備えたインプラント。その特徴を知りましょう

メリット

  • 健康な歯を削ることはなく、周囲の歯に負担をかけません。
  • しっかり噛むことができ、好きなものを食べられます。
  • 食事中・会話中などの不快感はなく、日常生活が快適です。
  • メンテナンスをしっかり行えば、末永く使うことができます。
  • 人工歯は水分を吸収しないセラミック素材なので、変色しません。

デメリット

  • 手術が必要です。
  • 保険診療外なので、費用が高額です。
  • 天然歯に比べて細菌感染が起こりやすく、メンテナンスが欠かせません。
  • 入れ歯やブリッジに比べて長期の治療期間を必要とします。

こんな方におすすめ

そのお悩みは、インプラント治療で解決できるかもしれません

以下にあげるようなお悩み・ご要望をお持ちの方、インプラント治療をご検討されてはいかがでしょうか?

こんな方におすすめ

現在すでに入れ歯やブリッジを使用している場合

  • 口の中に違和感がある方
  • 硬いものを食べられない方
  • 見た目が気になる方
  • 口臭を感じる方
  • 現状残っている健康な歯を大切にしていきたい方
  • 現状、骨の量が十分にある方

歯を失い、これから治療をされる場合

  • 前歯を失った方
  • 奥歯がなくブリッジが適用できない方
  • 入れ歯に抵抗のある方
  • 硬いものをしっかり噛めるようになりたい方
  • 通常通りの滑舌で、違和感なく会話をしたい方
  • 健康な歯を削りたくない、負担をかけたくない方
PAGE TOP