歯周病とは

歯周病とは

歯が抜け落ちてしまうこともある、恐ろしい病気。

歯肉が赤く腫れている、歯磨きをすると出血する、口臭がするといった症状の方は、歯周病の疑いがあります。歯周病は歯垢に潜む歯周病菌が、歯の支えとなる歯周組織を少しずつ破壊していく病気です。自覚症状のないまま徐々に進行し、顎の骨が溶かされ、歯が自然と抜けてしまうこともあります。そこで大切なのは、歯の表面や隙間に歯垢を溜めないこと。定期的な歯のクリーニングと正しいブラッシングを日頃から習慣化することで、万が一歯周病になったとしても、初期段階での治療が可能です。

歯周病とは

歯周病の原因

毎日歯を磨いても、歯垢は徐々に蓄積します。

歯周病の主な原因は、歯の表面に付着した歯垢(プラーク)の中に潜む、歯周病菌によるものです。歯垢の蓄積とともに、歯周ポケットは次第に深くなり、歯周病菌が歯の周囲に炎症を起こしはじめます。その炎症を放置し続けると、顎の骨が溶け、最終的には歯が抜け落ちてしまうことになります。また、歯周病はストレスや疲労・加齢・糖尿病などの持病・乱れた食生活・喫煙などにも深く関わりがあります。当医院では歯周病治療として、食生活・生活習慣・喫煙の有無など患者さまの情報を細かく把握し、状況に応じた的確なアドバイスを行なっております。

歯周病の原因

歯周病の進行

進行段階に合わせた歯周病治療と正しいブラッシングで改善を図ります

歯周病は、自然治癒することはないうえ、虫歯のような痛みやしみるなどの具体的症状がありませんので、気がついたら歯がグラグラしていた、といった段階で当医院を訪れる患者さまも少なくありません。下記の状態に少しでも当てはまることがあれば、迷わず当医院までお越しください。

歯肉炎(出血・歯肉の腫れ)

歯肉炎(出血・歯肉の腫れ)

歯の根元に付着した歯垢が固まり、歯石となってこびり付いている状態です。歯肉が腫れたりブラッシング時に出血したりします。炎症は歯肉までにとどまっているので、適切な処置をすれば健康な状態に戻ります。

軽度歯周炎(歯肉が下がる)

軽度歯周炎(歯肉が下がる)

歯周ポケットが深くなり、炎症が進んだ状態です。徐々に歯肉が下がり、歯の間に隙間ができはじめます。歯周ポケットの中までブラッシングはできないので、専用の器具を用いて歯垢を除去する必要があります。

中度歯周炎(歯のグラつき・膿み)

中度歯周炎(歯のグラつき・膿み)

歯周ポケットがさらに深くなり、顎の骨が溶け始めます。歯がグラグラし、膿みが出ることもあります。これ以上放置しておくと歯が抜け落ちてしまう可能性があります。

重度歯周炎(噛めない・歯が抜け落ちる)

重度歯周炎(噛めない・歯が抜け落ちる)

顎の骨が半分以上溶けて、歯のグラつき・出血・膿みもひどくなります。悪臭を放ち、ものを満足に噛むことができません。ここまで進行してしまうと、歯が抜け落ちてしまいます。

生涯使用する大切な歯のために

歯周病はその段階に合わせた適切な処置が必要になります。当然ながら、初期のうちに治療してしまえば簡単に済ませられ、負担も軽くなります。歯周病かな?と感じたら早めに歯科医院で診察を受けるようにしましょう。また、現状上記のような症状がなく健康な状態であっても、将来的に歯周病になる可能性は十分あります。まずは検診を受けることをおすすめいたします。

PAGE TOP