インプラントとは

インプラントとは

天然歯と変わらない使い心地のインプラントは、多くの方に選ばれています

虫歯や歯周病で失ってしまった歯の部分に「人工歯根」を埋め入れて、歯をしっかり支える土台をつくります。この土台が、歯科用の「インプラント」とよばれているものです。生体親和性(身体になじむ)がよく、顎の骨と結合する性質があることから、咀嚼(そしゃく)が安定します。また、埋め入れたインプラントの上部に取り付ける「人工歯」にはセラミックを使用します。セラミックは変色せず、天然歯と同様の色調を再現できますので、見た目もたいへん美しく仕上がります。

インプラントとは

インプラントの素材「チタン」について

インプラントには、生体親和性の高い「チタン」という金属の素材を使用します。副作用のない安全な素材であり、骨と結合するので長期的に使用できるため、歯科以外の医療現場、たとえば、骨をつなぐ人工関節・心臓のペースメーカーなどにも使用されております。ごく稀ですがチタンでアレルギーを起こす場合もありますので、金属アレルギーの心配がある方は、医療機関で行なっているパッチテストを受けていただくとよいかと思います。詳しくはご相談ください。

他の治療との違い

他の治療方法との大きな違いは、人工歯を支える「人工歯根(インプラント)」を顎の骨に直接埋め入れるということ。これにより、入れ歯やブリッジにはない、安定した噛み心地を得ることができます。また、噛んだときの力のバランスもよくなりますので、歯全体が長持ちします。

入れ歯

入れ歯
(1本からすべての歯に対応)

入れ歯には部分入れ歯と、総入れ歯があります

  • 入れ歯はどなたにも適用できる治療方法です。
  • 比較的、低価格です。
  • 短期間で制作が可能です。
  • 金属のバネを使用する場合、見た目がよくありません。
  • 顎の骨が痩せるので、都度、作り替えが必要です。
ブリッジ

ブリッジ
(1本から複数本の歯に対応)

健康な歯を支えとして、連結させた人工歯を被せます

  • 固定しますので、入れ歯より安定した噛み心地です。
  • 自然な仕上がりです。※金属を選択しない場合。
  • 支えとして使用する前後の歯が健康でないと、適用できません。
  • 支えとして使用する歯への負担が大きく、歯の寿命が短くなります。
  • 清掃がしづらく、口臭に気をつける必要があります。
インプラント

インプラント
(1本からすべての歯に対応)

顎の骨に歯根の代わりとなるインプラントを埋め入れます

  • 入れ歯やブリッジに比べ、しっかりと噛めます。
  • 天然歯と変わらない色調で、自然な仕上がりです。
  • 人工歯として使用するセラミックは変色しません。
  • 噛むことが顎の骨に直接伝わるので、顎の骨が痩せにくいです。
  • 外科手術が必要です。
  • 治療完了まで長期間必要です。

患者さま一人ひとりに適した 「オーダーメイド治療」

インプラント治療はすべての方に最善な治療である、とはいいきれません。患者さまそれぞれのお口の環境状態が異なるからです。しかし、当医院では「インプラントにしたい!」と検討されている患者さまのご意思を尊重できるよう、あらゆる視点で「無理のない・安全なインプラント治療」を実現できるよう努めています。患者さまと密にコミュニケーションをとりながら、オーダーメイドによるインプラント治療を行ないます。まずはお気軽にお問い合わせください。

インプラント治療の流れ

1.診査・診断、インフォームドコンセント(説明と同意)

まずはインプラント治療の不安・疑問を解決していきましょう

精密検査ではCT撮影などを行ない、口内の状況を細かく把握していきます。そしてカウンセリングにて患者さまの状況を丁寧にご説明。手術の流れや費用、治療期間などについてもお伝えしております。不安な点や疑問点があれば、何でもおたずねください。

診査・診断、インフォームドコンセント(説明と同意)

2.インプラント手術

インプラントを埋め入れるための外科手術を行ないます

局所麻酔を行なって顎の骨に穴を空け、インプラントを埋め入れます。難易度にもよりますが、インプラント1本につきおよそ30分程度で処置は終わります。入院は不要です。

インプラント手術

3.インプラントと骨が結合するまで期間を置きます。

しっかり噛めるようになるためにはインプラントと骨の結合が必要です

インプラントと顎の骨をしっかりと結合させます。その期間は患者さまの顎の骨の状態などによって個人差がありますが、およそ6~24週間になります。この間は仮歯や仮入れ歯を入れられるので、日常生活に支障はありません。

インプラントと骨が結合するまで期間を置きます。

4.人工歯の装着

人工歯はセラミックを使用。周囲の歯と見分けがつかないほど美しい色調に調整できます。

インプラントと骨の結合が確認できたら、人工歯を装着します。噛み合わせなどの微調整を行ない、治療は完了です。

人工歯の装着

5.メンテナンス

定期検診では不具合はないか、噛み合わせなどもチェック。歯のクリーニングも行ないます

治療完了とともに定期検診・メンテナンスへと移行します。定期的にご来院いただくことで、ちょっとした変化にも気づきやすく、すぐに治療を開始できます。

メンテナンス

ご自宅での口腔ケアを大切に。

インプラント治療を終え、天然歯と変わらない快適な生活を送っている方にとって、忘れてはならないのが「日頃の正しいブラッシング」です。ご自身の歯の、どの部分に歯垢が溜まりやすいかなど、歯科衛生士が丁寧に指導させていただきます。今まで以上にお口を常に清潔に保つことに意識を向けましょう。

PAGE TOP